令和最初の旅は2泊3日で秋田・青森へJRで縦断散策ぶらり旅 – 3日目

青森県
この記事は約6分で読めます。

令和最初の休みは、どこを旅して令和をスタートしよう。
今年のGWは、平成から新元号「令和」へ切り替わりであり、10連休と長期休暇ですが、会社は2連休が4月の終わりと5月の始まりにそれぞれ休みがあるだけです。(´・ω・`)。oO(4/28・29,5/4・5のみ)
そこで、5月に有給休暇を1日申請して2泊3日でどこか行って新元号「令和」をスタートしようと思います。

計画立て始め

この計画は、以前立てていた4月初めの「台湾計画」と4月終わりの「大井川鐵道計画」の2つの計画を立てている間に考えておりました。
台湾計画と大井川鐵道計画は以下のリンクから御覧ください。

会社の先輩と2泊3日で台湾(桃園・台北・十分・九份)へ海外散策ぶらり旅ー番外編
※今回の記事は、出発前から帰宅までのリアルタイム日記形式での記事となりますので結構長いです。 そして、現地での風景等は閲覧者さんの想像にお任せます。(4/5~4/7の3日間の旅行) それでは本題に戻りまして。 今日はどこを旅しよう...
平成最後の旅は「大井川鐵道の井川線南アルプスあぷとライン」へ再び散策ぶらり旅
平成最後の休みは、どこを旅して平成を締めよう。 3/26頃に今年は平成から新元号「令和」へ切り替わりであり、4月最後の休みにどこかへ行って平成を締めようとふと思い付きいました。 今年のGWは世間は10連休ですが、会社は2連休が4/28・...

さて、話は戻って。
5/4・5+有給休暇1日を使っての2泊3日は、どこへ行こうか。
国内制覇を目指しているので、新しい場所へ行こう。埼玉?茨城?岩手?秋田?青森?の5県のどこかです。
最初は、埼玉・茨城の2県攻めで決めていましたが、時期的にもあまりしっくりこないのが事実。
青森のみというのも、行きたい場所が結構離れていてしっくり来ません。
いろいろ考えた結果、秋田・青森の2県攻めで確定しました。

青森・秋田計画

東北地方になるため、新幹線で行くのは時間がもったいないため、飛行機を利用します。
飛行機を利用する時は、ANAの旅作ツアーを利用しますが、今回は行きは秋田空港、帰りは青森空港と別空港で違うため、航空券のみ購入して、ホテルは東横INNで予約しました。
3月中旬頃から、現地での計画を立て始めました。
1日目は秋田近辺を観光、2日目は秋田から青森へ向かう途中の十二湖、千畳敷海岸、驫木駅を観光、3日目は、青森駅近辺と弘前市近辺を観光し夕方伊丹空港へ帰る計画です。
秋田から青森へ向かう途中では、快速リゾートしらかみ1号と3号を利用するため、GWでもあることが安全に座席確保するため指定席を予約しますが、事前予約が3/29より開始するため、当日出勤途中に事前予約を済ませ、結果は台湾へ出発する日に報告とのことです。
道中の予約を立て始めたのが出発前3日前、本格的に立て始めたのが2日前(2日目のみ先に立てて他は後日の状態)

3日目

2泊3日もついに最終日となりました。
3日目も前日同じくホテルでの朝食をいただきました。最終日の予定では、当初の予定では、青森駅周辺を散歩した後、弘前市内の洋館めぐりをして青森空港に行く予定です。
がしかし、前日の夜に急遽予定を変更して、青森駅周辺、三内丸山遺跡と弘前城を観光するルートに計画を立て直しました。

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡は、青森市南西部の八甲田山系からのびる緩やかな丘陵の先端部、沖館川右岸の標高約20mの段丘上に立地する、縄文時代前期中頃から中期末(紀元前3,900年~紀元前2,200年頃)の、我が国を代表する大規模な集落遺跡です。遺跡の広さは42haに及び、竪穴建物跡、掘立柱建物跡、列状に並んだ土坑墓、埋設土器、盛土、貯蔵穴、道路、大型建物跡などが計画的に配置されています。

スポット:三内丸山遺跡
場所:青森県青森市大字三内字丸山305
アクセス:青森駅前より市営バス「三内丸山遺跡行き」約30分

>> 三内丸山遺跡の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

三内丸山遺跡の後は、弘前駅に行く予定で、所要時間を多めに取っておりましたが、思っていた以上に早く観終わってしまったので、更なる予定を変更し、青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸にどうしても行きたくて、タクシーで新青森まで戻り、電車で青森駅に戻りました。

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸

青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸は、青函連絡船80年の歴史や船の構造など楽しみながら学べる鉄道連絡船ミュージアム。就航当時のまま係留展示している船内は本物の貨物車両、エンジンルーム等があり、煙突展望台から青森港を一望できるスペースも見学可能。

スポット:青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸
場所:青森県青森市柳川一丁目112-15
アクセス:青森駅より徒歩5分程度

>> 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

弘前城

弘前城は、弘前城は現存12天守としては最北の城です。津軽氏の居城でした。津軽信枚によって築城された当初は「鷹岡城」と呼ばれていましたが、南光坊天海のアドバイスにしたがって地名を「弘前」に改称し、城名も弘前城となりました。現存12天守に数えられてはいますが、築城当初の5層5階の天守は焼失しており、現在残っているのは後に建てられた御三階櫓です。

スポット:弘前城
場所:弘前市下白銀町
アクセス:JR奥羽本線、弘前駅下車、市役所方面行バス15分「市役所前公園入口」降車、徒歩5分

>> 弘前城の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

弘前城を終えて、3日目の観光は終了しました。
弘前駅からリムジンバスに乗って青森空港へ向かいました。

空港に着いて、最後にお昼ご飯として、長谷川牧場豚ロースカツとライスをいただきました。
人気の店らしく、結構売り切れで、ロースカツも最初は売り切れと言われ残念でしたが、在庫が残っていたらしく作れるとのことで注文しました。
サクサクプリプリで美味しすぎです。

最後に今回のルートを紹介します。
青森駅前ー三内丸山遺跡前 310円(三内丸山遺跡線)
・三内丸山遺跡 入場券 900円
三内丸山遺跡ー新青森 850円(タクシー)
新青森ー青森 190円
・八甲田丸メモリアル 入場券 450円(一部ホテル会員は1割引)
青森ー弘前 670円
弘前駅ー市役所前 100円(土手町循環バス)
・弘前城 入場券 310円
文化センター前ー弘前駅前 100円(土手町循環バス)
弘前駅前ー青森空港 1,000円(空港バス)
青森空港ー伊丹空港 36,760円 ANA1856便(バリュー3C)
伊丹空港ー門真 550円

最後に、1日目と2日目はこちらから御覧ください。

1日目

令和最初の旅は2泊3日で秋田・青森へJRで縦断散策ぶらり旅 - 1日目
令和最初の休みは、どこを旅して令和をスタートしよう。 今年のGWは、平成から新元号「令和」へ切り替わりであり、10連休と長期休暇ですが、会社は2連休が4月の終わりと5月の始まりにそれぞれ休みがあるだけです。(´・ω・`)。oO(4/28・...

2日目

令和最初の旅は2泊3日で秋田・青森へJRで縦断散策ぶらり旅 - 2日目
令和最初の休みは、どこを旅して令和をスタートしよう。 今年のGWは、平成から新元号「令和」へ切り替わりであり、10連休と長期休暇ですが、会社は2連休が4月の終わりと5月の始まりにそれぞれ休みがあるだけです。(´・ω・`)。oO(4/28・...

・3日間で撮った写真枚数と動画個数はというと。
1日目 画像 368枚 動画 5個
2日目 画像 609枚 動画 3個
3日目 画像 414枚 動画 2個
容量にすると、RAWデータを含めて59.4GBと過去最多の枚数でびっくりしました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました