富山の雨晴海岸・呉羽山展望台へ立山連峰は無事見れるか?一か八かの勝負へ散策ぶらり旅

今日はどこを旅しよう!今回は、前々日の突然の思い付きで立山連峰を見に行きたいと思います。以前行った時は見ることができなかった高岡市の雨晴海岸と富山市の呉羽山公園展望台に行きたいと思いますが・・・。
雨晴海岸・呉羽山展望台からの立山連峰を見るためにはいろんな条件が必要であり、今回天候が晴れのち雨と昼間は晴れで帰る時間から雨が降る予報なので一か八かの勝負に掛けたいと思います。

前回行った雨晴海岸は、ど晴天で明る過ぎて立山連峰が見れなかった思い出があります。
以前の記事はこちらからご覧ください。

富山県へ弾丸旅行・砺波のチューリップフェア・高岡の雨晴海岸を見に散策ぶらり旅
前回の佐賀の武雄温泉へ弾丸旅に引き続き、今回は昨年から行きたかった富山県砺波市のとなみチューリップフェア、高岡市の雨晴海岸へ行こうと思います...

まさかの、当日トラブル

予定の時間より少し早めに出発しまして、京都でサンダーバード3号を待っていると・・・。
放送で「京都線にて貨物列車の車両トラブル確認により20分遅れが発生しています・・・。」
まさかの遅れかよ・・・。
20分遅れで京都を出発し、湖西線走ってる時、太陽明る過ぎ、途中雲かかり始めやばいな、いやいやここは滋賀県、時間もまだ8時過ぎで、目的地は富山県です。福井駅着いた頃には、薄っすら曇りで金沢方面が薄っすら晴れてる感じでずっと願っておりました。
金沢に着いて、新幹線に乗り換えるが、本来乗る新幹線は貨物の影響により間に合わず置いて行かれました。
通常なら乗り遅れた場合は指定席ではなく自由席になるが、今回はWEB早特切符のため自由席乗車不可です。
さて、どうするか。改札で聞くと遅れたため次の車両用意してるから新幹線側の車掌に聞いてくれと改札で言われました。
新幹線側の車掌に言うと遅れたからもう乗れませんね。
はい?遅れたの京都での貨物点検なのに?って言ったら、でも自由席不可って書いてるし…。じゃあ確認するから待て言われ、じゃあ自由席に乗ってくれと言われた。

雨晴海岸からの立山連峰

さて、本題に戻りまして。
雨晴海岸は、海と立山連峰を望む、富山を代表する景勝地。白い砂浜と青松が続く海岸からは、荒々しい岩礁と富山湾、その向こうにそびえる3,000m級の立山連峰を眺めることができる。その見事な風景は万葉の歌人・大伴家持にも愛され多くの歌に詠まれたほどで、季節や時間帯によって刻々と表情を変える絶景は一見の価値あり。冬には海面から立ち上る水蒸気「けあらし」が起こることでも有名。越中国分駅から雨晴駅間の路線は海岸のすぐ横を走り、時間が合えば海と山を背景に電車が走る珍しい光景を見られます。

新高岡駅についた頃には、曇りではあるが立山連峰は顔をだしています。このまま保ってくれと願いながら雨晴駅に到着しました。
行きの時間遅れた分を取り返すため雨晴海岸での滞在時間は25分です。
本来の戻り時間に合わせるために現地まで走って行ってチャチャっと撮りました。
薄っすらと顔をだしてる立山連峰を無事撮ることが出来ましたが、この状態で晴れていたらもっと綺麗なんだろうなと。
雨晴海岸の次は呉羽山展望台へ行くため富山駅へ向かいます。

スポット:雨晴海岸
場所:富山県高岡市太田雨晴
アクセス:JR氷見線 雨晴駅から徒歩5分

>> 雨晴海岸の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

呉羽山展望台からの立山連峰

呉羽山展望台は、街と立山連峰が作りだす絶景をひとり占め出来る場所。富山市の西部に位置する標高約76.8mの呉羽山。山全体が公園として整備されており、頂上付近の展望台からは市街や神通川、その向こうに雄々しくそびえる迫力満点の立山連峰を見渡すことができる。夕景や夜景も美しく、目の前に広がる大パノラマは必見。展望台には立山を開山したと伝わる佐伯有頼の像が立ち、彼方の立山連峰を指差している。呉羽山公園は桜の名所としても知られ、春は桜、秋は紅葉など四季の景観が満喫できる。

富山駅から呉羽山展望台へはバスで行きます。
バス停は見るところ2箇所あるみたいで行きは呉羽老人センターまで行き、戻りは呉羽公園前から乗ります。
呉羽山展望台からの立山連峰も無事撮ることができました。
雨晴海岸とは別でこちらは市街含め大パノラマでの立山連峰は迫力満点でしたが、やはり晴天だったらもっと綺麗なんだろうなと。

スポット:呉羽山展望台
場所:富山県富山市安養坊外
アクセス:JR「富山駅」から富山地鉄バス「呉羽老人センター」下車、徒歩3分 または、JR「富山駅」から富山地鉄バス「呉羽公園前」下車、徒歩15分

>> 呉羽山展望台の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

白えび丼

天気予報通り14時過ぎごろから一気に天候が悪化してパラパラと雨が降りはじめ、立山連峰は見えにくくなってきたので撮影はおしまいです。

最後に富山駅のとやマルシェ「白えび亭」で贅沢に富山産コシヒカリを使った100%富山湾産白えび90尾使った「白えび刺身丼」をいただき大阪へ帰りました。

最後に、今回のルート費用を紹介します。
丹波橋ー京都 210円
京都ー新高岡 3,800円 サンダーバード3号+つるぎ704号 1,320円+1,460円(WEB早特)
新高岡ー雨晴 240円
・雨晴海岸
雨晴ー富山 600円
富山駅前ー呉羽山老人センター 310円(富山地鉄バス92系統)
・呉羽山展望台
呉羽山公園前ー富山駅前 300円(富山地鉄バス14系統)
富山ー京都 5,080円 つるぎ719号+サンダーバード34号 1,840円+1,180円(e5489)
京都ー丹波橋 210円




いかがでしたでしょうか

今回紹介した散策ぶらり旅が、気に入っていただけたらポチッ回どれかに押して頂けたら幸いです。他にも、各地域の散策ぶらり旅がありますので、ぜひ見てください。

にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ

関連記事(PC)

関連記事

シェアする

フォローする

スポンサーリンク