びわ湖バレイへ関西最大級の黄色いスイセンの丘を見に散策ぶらり旅

滋賀県
この記事は約3分で読めます。

今日はどこを旅しよう。秋田・青森から帰ってきて1週間経ち本日は、以前に行ったことがあるびわ湖バレイのスイセンの丘を見に行ってきました。ちょうど5年前の5月11日に一度行ったことがありますが、新たにガーデンテラス、CAFE360が出来たこと、おはよう朝日の番組で放送されたことからもう一度行ってみようと思い付きました。
以前のびわ湖バレイの記事は以下から御覧ください。

しんあさひ風車村とびわ湖バレイへ花散策ぶらり旅
本日のぶらり旅は、滋賀県の湖西線を利用してびわ湖バレイとしんあさひ風車村へ花散策をしました。 びわ湖バレイでは、蓬莱山の斜面を真っ黄色で覆い尽くす関西最大級30万のスイセンの丘を。 しんあさひ風車村では、一面に咲き誇るピンク、黄色、紫、...

ガーデンテラスで琵琶湖全景を見た後、蓬莱山山頂へ行き、CAFE360で「キュリオスティコーラ」を飲んで一休みした後、スイセンの丘へ行きました。
キュリオスティコーラ500円しましたが、程よい甘さと炭酸が効いていて美味しいです。

>> びわ湖バレイの観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

びわ湖バレイのスイセン

びわ湖バレイのスイセンは、標高1,174mの蓬莱山のふもとの斜面に植えられていることから別名“スイセンの丘”とも呼ばれる。このスイセンの丘が生まれたきっかけは、スキー場の夏季対策として始めたプロジェクト。
冬季は上級者コースになるゲレンデの丘陵地を利用し平成11年5,000球のスイセンを植えたことからスタート。現在は、ガーデンジャイアントを始めとする5種類の西洋スイセン約30万球を見ることができる関西のスイセンの名所のひとつになっている。
2008年に完成した121人乗りのゴンドラで山頂まで登ると、ジュータンを敷き詰めたようにスイセンを眼下に見ることができる。満開の時期には「スイセンフェア」も開催される。びわ湖バレイは琵琶湖の西岸にある蓬莱山に造られたアウトドア派のメッカで、冬季はゲレンデとして関西からのスキー客で賑わう場所である。

>> びわ湖バレイの観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

前回は、スイセンの丘を下から登って降りるルートでしたが、今回は蓬莱山山頂までリフトで登り、スイセンの丘を上から降るルートで散策しました。
白いスイセンというより、黄色いスイセンのほうが好きです。前回と違って、今回は雲が少し多めで残念。
けれど、あまりにも美しすぎて写真365枚撮ってました。笑

スポット:びわ湖バレイのスイセン
場所:滋賀県大津市木戸1547-1
アクセス:JR志賀駅からバスで10分 山麓駅からロープウェイで4分

>> びわ湖バレイの観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

最後に今回のルートを紹介します。
七条駅ー京都駅 230円×2 京阪七条ー京都ステーションループバス
京都ー志賀 580円×2 JR湖西線
志賀ーびわ湖バレイ前 330円×2 江若交通バス68系統
山麓ー山頂 2,500円(ロープウェイ往復)
・びわ湖バレイのスイセン

コメント

タイトルとURLをコピーしました