前回雨・曇りで残念な結果になった沖縄県・宮古島へ再び1泊2日の散策ぶらり旅 – 1日目

前回、雨・曇りで残念な結果で終わった宮古島散策ぶらり旅。
お世話になったタクシードライバーの方に梅雨明け6月26日頃がオススメと聞いて、日程調整をして今回リベンジしに行ってきました。
リベンジとなっては、お金を払ってまた雨や曇りで残念な結果になるとお金が勿体無いので、今回はポイントサイトやマイル、ハピタス等で貯めた計68,976円分を使って宮古島へ無料で行く計画を立てました。
今回もANAの旅作で予約を取りますが、伊丹空港からの那覇経由宮古島行きは満席で、遅い時間を選ぶと乗れるとのことで、他のルートを探したところ、関西空港から宮古島直行便であれば、昼過ぎに到着出来るとの事で今回は関空から行くことにしました。

スポンサーリンク

過去の記事はこちらから御覧ください。

西日本最後の県「沖縄県那覇市・宮古島」へ2泊3日の散策ぶらり旅ー3日目
今日はどこ旅しよう!今回は2泊3日で沖縄県那覇市と宮古島に旅しようと思います。そして西日本の県制覇としては、沖縄県が最後となります。 ...

出発3週間前(余談)

出発3週間になり、いよいよ近づいてきたと思っていたところに。
大阪府北部地震・・・・。
仕事デスクに座っていると、震度5の地震。
地元は、震度6弱の揺れで、扉が閉まらなくなったり、棚においてるピカチュウのぬいぐるみが落ちていたらしいです。
そこから震度1,3の余震が1週間続き、揺れに敏感状態でした。

出発10日前(余談)

出発10日前になり、長期予報が発表され、出発日と翌日は無事晴れマークで安心していた所に、台風7号が発生。
しかし、出発前には通り過ぎて温帯低気圧となる予報なので大丈夫。
と思っていた所に、西日本中心に梅雨前線による豪雨が続き、晴れだった予報が曇りとなり更に雨に代わり残念な状況。
出発前日になり、宮古島の天気予報は回復し晴れマークとなり一安心です。
しかし、逆にJRが運休になったり、この先飛行機が欠航になる可能性が発生。

1日目

当日、大阪の天気予報は雨であり、JRは2日連続運休、南海は動いているとのことなので、この先止まっては困るので早めに関空へ行きました。
早めに到着した分関空でしばらくぶらついた後、搭乗手続きを済ませ、宮古島へ向けて出発しました。
出発までにハラハラドキドキするいろんな出来事がありましたが、無事出発できてよかったです。
さて、本来ならここからが本番です。
||
2時間後
||
宮古島に無事到着し、天候も予報通り雲はあるものの晴れです。
さてここからが本番です。

1日目

宮古島での行動は、前回と同じく、タクシードライバーさんと一緒に行動。
行きたい場所リストを渡して、最短ルートで移動してもらいました。

1日目のルートは、伊良部大橋→登口の浜→佐和田の浜→下地島空港RW17エンド→通り池→中の島ビーチ→牧山展望台→サバ沖の井戸→三角点→フナウサギバナタ→白鳥崎→サンセットビーチ→パイナガマ→砂山ビーチ→池間大橋→西の浜ビーチ→西平安名崎。
伊良部大橋は、逆光になると良い感じに撮れないとのことから、まず始めに伊良部大橋からスタートしました。
前回は、どす曇りで、波もやや強くてすけている感じには見れなかったが、今回は凄く良い感じに撮れました。伊良部大橋、下地島空港RW17エンドも素晴らしい程に綺麗に撮れました。
ただ、夕方になると、逆光になるため透ける海が、太陽の光に反射してしまってちょっとあれですが、他のできと比べるとどうでもいいです。砂山ビーチは、海水浴している方達で賑わっており、人が少ないところを撮りたいため翌日の朝にもう一度行くことにします。西平安名崎に着いた頃には、17時を回っており、体力的にも時間的にも限界がきて残りの行きたい場所リストの分は翌日に行くことにしました。