和歌山の淡嶋神社としらす丼へ約6年ぶりに再訪問散策ぶらり旅

和歌山県
この記事は約2分で読めます。

今日はどこを旅しよう!本日は、約6年ほど前に訪れたことがある淡嶋神社へもう一度行ってみようと思います。
前回は、淡嶋神社というより友ヶ島メインで行ったため淡嶋神社は少し訪れただけだったので今回じっくりと散策してみようと思います。
以前の記事は、こちらからご覧ください。

和歌山の友ヶ島・淡嶋神社ぶらり旅
いつもの連れと和歌山県の加太にある友ヶ島へ行ってきました。 友ヶ島とは、沖ノ島、神島、虎島、地ノ島の4つの島を合わせて友ヶ島といい、明治時代から終戦まで大阪湾を防衛する由良要塞の拠点の一つとして旧陸軍により使用されていました。...

淡嶋神社

淡嶋神社は、海の青を浮かび上がらせる南紀の日差しと、潮の香りが旅情を誘う和歌山・加太の海岸沿いにあります。
人形供養の発祥、またひな祭りの発祥地として知られる神社で、拝殿には所狭ましと人形がぎっしりと並んでいます。幻想の世界が目の前に広がり、神秘的な雰囲気に呑まれそうになります。薬の神様とされる少彦名命を祭神とし、婦人病や安産祈願など「女性のための神様」として、昔から信仰を集めております。また、2月8日に「針供養」、3月3日に「雛流し」、10月3日に「甘酒祭」が行われます。

スポット:淡嶋神社
場所:和歌山県和歌山市加太118
アクセス:加太駅より徒歩15分

>> 淡嶋神社の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

最後に、釜上げしらす丼とサザエのつぼ焼きを頂いて帰宅いたしました。
以前と同じ店だと思うのですがしらすの量が少し減った??
満幸商店に行きたかったけども人気すぎて行列ができて諦め隣の店を選びました。

最後に、今回のルート費用を紹介します。
なんばー加太 960円
加太ーなんば 960円

コメント

タイトルとURLをコピーしました