2017年最後の旅は、再び長崎へ「軍艦島と長崎ペンギン水族館」を見に散策ぶらり旅−2日目

2017年12月の最後の旅は、以前に行ったことがある長崎に1泊2日で行こうと思います。
計画は1ヶ月以内に入ってから立て始めました。
最初は福岡か栃木か新潟か福島か宮城で悩みました。今年は飛行機の率が高く、今年の締めはANAの旅作でどこか行こうと思いましたが、沖縄、群馬へ行った時にお世話になったAccuWeatherという長期予報が見れる謎の天気予報サイトを見て、1週間雨予報だったり、東北は今の服装より更に厚着しなければならないという面からANAの旅作はやめました。

スポンサーリンク

再び行くとは!そしてまさかの!

その後、何処へ行こうか2、3日悩んだ結果、以前長崎へ行った時に軍艦島へ行くことが出来なかったのを思い出して、今回そこへ行くことにしました。朝一に出て日帰りで行けるだろうと思いましたが、時間を調べると帰るのは難しいとわかったので1泊2日に決めました。
1泊2日となると、軍艦島の他に何処か無いかなと調べた結果、長崎駅からバスで30分ほど離れた場所に長崎ペンギン水族館というのを見つけ、何やら面白そうな予感がしたので、即決めました。
1日目は長崎ペンギン水族館、2日目は軍艦島と変わったジャンルの組み合わせですが、出発時間も少々遅らせて時間的にもいい具合になりました。
しかし、出発日に近づくにつれ天気予報が悪天候へと変わってしまい、雨での軍艦島はレインコートのみで傘が使用出来ないためキャンセルをせざるを得ない状態になりキャンセルをしました。

数日後、まさかの!?

数日後、日帰りであれば長崎ペンギン水族館あるいは軍艦島に行ける事がわかり、日帰り計画を立てましたが、まさかの出発日に近づくにつれ天候は一時雨から曇りへと変わり、片方だけ行くのもなんか勿体無い気がして、最終的には最初の計画通り1泊2日で行くことにしました。
翌日の仕事の事を考え、1日目に軍艦島、2日目に長崎ペンギン水族館に行き、2日目がスムーズに進めば時間を早めて帰る計画で確定しました。

当日

朝は6時過ぎに起きて、帰り時間の事を考え、長崎駅で先に土産を買ってから、軍艦島ツアー乗り場である常磐ターミナルへ向かいました。

でっかい豪華客船が止まっていてビックリ!(◎_◎;)
思わずカメラを出してカシャカシャしていると、ツアー先から連絡が、高波の影響で午前は欠航の連絡…!
終わった。(´;ω;`)
天気は少々雲があるものの晴れているのに…!

ただ、少し風が強く寒いです。旅にトラブルはつきもの。仕方ないので、長崎堂本店のカステラを頂きました。
最後に軍艦島デジタルミュージアムへ行き、実際に軍艦島で暮らしていた方の話をデジタル映像を使って聞いて時間を早めて帰りました。

最後に。

2017年の散策ぶらり旅はこれで終了です。今年は全体的に悪天候が続いて、それが散策ぶらりする日と重なってしまい、特に飛行機を使っての旅、新幹線2本使っての旅と遠出をする時に限って、雨、強風の予報で、まさに雨男的な状態となってしまいました。
例えば。
北海道では、初日は強めの雨で、函館空港に着いて最初の買い物は傘。
雨の函館市を観光、夜の夜景は真っ白で見れず、2日目の札幌市は曇りではあったが、夜景リベンジで藻岩山からの夜景は真っ白でみることができなかった。
群馬では、初日は当日の午前まで雨予報だったが、奇跡的に昼からは晴れに変わり、2日目も曇り後晴れと天候が変わり、少々雲があったが湯釜は見れるという奇跡が起こった。帰宅すると同時に曇りになったらしいが。
沖縄では、初日は那覇市で晴天で良かったが、2日目は曇り後小雨、13mの強風で綺麗な海は見れず、3日目もリベンジするも曇りで2日目よりはマシだったが綺麗な海は見れなかった。
飛行機を使っての予約は北海道は3ヶ月前、沖縄は6ヶ月前と数ヶ月前にやらなければならないから予報は運任せになるので仕方がないですね。
ただ、今年で西日本は制覇出来ました。1年に2度も群馬の高崎市に行き、同じ場所での夜御飯のラーメン、同じ場所で宿泊とは予想もしていなかった。そしてこの先もずっと行かないであろうと思っていた北海道、沖縄に行ったのもいい思い出になりました。函館から札幌の大移動で小樽着いた時には頭痛がヤバかった。群馬では奇跡をありがとう!そして宮古島のタクシーの運転手さんありがとう!楽しかったです。
来年は、今年と比べて旅は減ると思いますがどんな出来事がまっているのでしょうか。
出来れば、天候はいい方向に持って行って欲しいです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。
中島みゆきさんのヘッドライト・テールライト、瞬きもせずがちょうどいい具合に流れています。

新大阪に帰ってくると。
隣のホームにドクターイエローが止まっていました。
初めて見た!