2013年夏の青春18切符企画第5回「生野銀山・余部鉄橋(空の駅)」ぶらり旅

青春18切符も今回で最終回(?)です。
最終回の5回目は、生野銀山及び余部鉄橋にある空の駅を見に大学の連れと行ってきました。

天候は、計画を立てる前から雨が降るということがわかっていたのですが、生野銀山は坑道内拝見なので天候は無視です。
余部鉄橋は、前日の天候で調度晴れとでていたので行くことに決めました。

朝姫路に着くまでは、弱い雨だったのですが、到着と同時に土砂降りとなり、生野銀山がある生野駅の路線は一部区間徐行運転していました。

無事間に合うのかハラハラしながら、なんだかんだで無事到着しました。

2013082501

ホームページによると坑道内は、温度が13℃らしく防寒具必要と書いていたらしいのですが・・・。
まぁ半袖ですね。

2013082502

坑内に入ってみると、ひんやりしていて涼しいですね。ここからは、採掘シーンを一気にアップしていきます。

外に出ると、見事にカメラのレンズ、メガネ曇りました。
行きはバスで来たのですが、餘部鉄橋へ行くためには戻りのバスでは行くことが出来ないためタクシーを呼びました。
気になる天候は、雨は止んで、太陽が出ていました。このあとまた雨降りましたけど。山の中だから・・・。

播但線生野駅から和田山駅まで移動して、和田山からは山陰本線に乗って豊岡まで。
その後は、土日限定臨時快速「山陰海岸ジオパーク」に乗車して餘部まで行きました。

2013082511

生野駅を12時10分に出て、餘部に15時14分に到着しました。結構長旅でした。
天候は、雲はちょっとあるもののほぼ晴天です。

ここからは、いろんな場所から見た餘部駅、空の駅、鉄橋などを一気にアップしていきます。

餘部鉄橋を実際に歩いてみたり、展望台から撮ってみたり、真下から撮ってみたりしましたが、いい場所ですね。
オマケにいい天気で来てよかった。

帰りは、16時18分の電車に乗って戻りました。城崎温泉-篠山口区間は、特急料金を支払ってショートカットしましたけども。

2013082519

大阪に着いて、運行状況を見ると、JR線ほぼ全滅状態でビックリ。鈍行のまま帰ってたら22時回ってたかも・・・。

これで、青春18切符の度は全て終わりました。
他の記事もよろしかったら見ていって下さい。

5回分の移動距離
1回目 佐用町ひまわり祭り
京橋-播磨徳久-京橋 2,210 + 2,210 = 4,420

2回目 ムーンライトながら移動
東福寺-大垣-東京 7,980

3回目 河口湖富士山+とうきょうスカイツリー
東京-大月-東京 1,450+1,450=2,900

4回目 岡山県児島駅 瀬戸大橋
京橋-児島-高松-京橋 3,570+930+4,500=9,000

5回目 生野銀山 ・餘部
京橋+生野+餘部+城崎温泉 篠山口+大阪 2,520+1,620+480+1,110 = 5,730 城崎温泉-篠山口3250

|ω・`) < 青春18切符は9月10日までです。まだ、期間があるということで、3回分追加してみたり・・・。