(写真集)ハクチョウとカモと瓢湖

写真販売
この記事は約2分で読めます。



このページで紹介している写真は私自ら足を運んで撮影した写真であり複数枚ある中の一部です。AdobeStockサイト側で他にも公開しております。ぜひアクセスして見てください。
日本各地の風景コレクション今回は、 ハクチョウとカモと瓢湖 写真集を紹介。

観光スポット

瓢湖

こちらのサイトより上の写真以外にも紹介しています

「白鳥の渡来地」として国の天然記念物に指定されている「瓢湖」は江戸時代に造られた用水地です。瓢湖は故吉川重三郎氏が日本で初めて野生の白鳥の餌付けに成功したことで、注目を浴びました。平成20年にはラムサール条約登録湿地となり、水鳥の生育地が大切に守られています。白鳥は毎年10月上旬から3月下旬まで滞在します。11月下旬頃のピーク時には5,000羽~6,000羽の白鳥が飛来します。白鳥の種類はコハクチョウ、オオハクチョウ、コブハクチョウです。「瓢湖 水鳥のエサ」を購入すれば、餌付けをすることもできます。白鳥を見るなら早朝か夕方がおすすめです。湖畔では、瓢湖観察舎を開設していますので、あたたかいところで白鳥見学することが可能です。

スポット詳細

●スポット名: 瓢湖
●場所: 新潟県阿賀野市水原313-1
●アクセス: JR羽越本線「水原駅」より徒歩で30分またはタクシーで5分
●関連記事:

今年最後の旅行は、ANA国内ツアーで1泊2日の新潟近郊散策ぶらり旅ー2日目
今年もあとわずか、最後の旅行はどこへ行きましょう。 そうだまだ行った事のない都道府県へ行こうと思います。まだ行った事のない都道府県と言えば、新潟・埼玉・茨城・山形・岩手・青森の6県です。 この中で、以前予約をしていて、天候が突如悪天候へ...

※掲載されている情報、写真等は撮影当時の内容となりますので最新の情報とは限りません。必ずご自身で事前にご確認の上、ご利用ください。

他のAdobeStock公開ポートフォリオはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました