一眼レフカメラデビュー!NikonのD5600で京都府八幡市「淀川河川公園 背割堤地区」へ桜を見に散策ぶらり旅

スポンサーリンク

シェアする

2年使っていたSONYのα6000のデジタル一眼ミラーレスからNikonのD5600のデジタル一眼レフへ買い換えました。
そこで本日、試し撮りで京都府八幡市の「淀川河川公園背割堤地区」へ桜を見に行ってきました。

前日は会社の一部のメンバーで花見をしておりました。天候は雨と表示しておりましたが、雨レーダーを見るとなんとか行けそうで。久しぶりにお酒を飲んで朝起きると見事に二日酔いです。
ご飯を食べてバファリンプレミアムを飲んで出発時には回復!!
今の季節は桜。
今年まだ撮っていない桜。
近場で桜が見頃ならどこでも良い。
すると、たまたま新聞に淀川河川公園背割堤地区が記載しており、ついこの前、地上約25mの高さから眺めることが出来る展望塔が出来たらしく、散策スポット確定。

淀川河川公園背割堤地区の桜

淀川河川公園背割堤地区は、丹波から流れてきた「桂川」、琵琶湖から流れてきた「宇治川」、伊賀から流れてきた「木津川」。この3つの川が合流し淀川となる地に築かれた淀川三川合流域。春は堤沿いに植えられた約250本のソメイヨシノが約1.4kmにもわたって桜並木が続く桜のトンネルに。夏は背割堤のまわりに太陽の光をキラキラ浴びた緑が生い茂り、涼やかな川の流れ、堤防をぬける爽やかな風。秋は堤沿いに植えられたソメイヨシノが色鮮やかに紅葉。約1.4kmのプロムナードと川の水面を美しい綿色に。冬は木々の葉が落ち、一年で最も静かな時間を迎え、ジョギング、ウォーキング、サイクリングなどのスポーツを楽しめる。と春夏秋冬楽しむことが出来ます。

新しいカメラの簡単な紹介

新しいカメラNkonD5600の簡単な紹介
・ボディーのみ\75,000-、レンズはSIGMAの18-300m F3.5-6.3高倍率ズームレンズ\51,000-
・画素数:2416万画素
・ISO感度:100~25600
・重さ:415g(本体のみ)
・タッチパネル&バリアングル画像モニタ搭載
・WiFi・Bluetooth対応
・SnapBridgeアプリにより、カメラとスマートデバイスで初期設定のみで常時接続可能、自動転送
・GPS機能(SnapBrigdeアプリ)
などなど。

約1.4kmにも続く桜のトンネル

さて、本題に戻りまして。
約1.4kmにも続く桜のトンネルは実際にはどのような感じなのか。

八幡市駅下車すると、とてつもなく多い観光客で、その観光客は背割堤地区まで行列が出来ておりました。駅前の踏切では、駅員がおり警備をされておりました。
そんな行列の中、木津川を横断する橋から撮りました記念すべき1枚目の写真です。写真はいつものPモードでホワイトバランスはオートで撮りました。前日の雨で川は濁っており、もくもくとした雲がいっぱいです。
ですが、桜のトンネル!これは期待できるかも!!

桜のトンネル(行き)

桜のトンネル(戻り)

さくらであい館「展望塔」

行き1.2km、戻り1.2km歩いて、新しくできた展望塔へ行きましたが、桜のトンネル期待していたとおりでした。
ただ曇りだったのが少し残念でした。
その割には写真撮りに興奮して、307枚も撮っておりました。’`,、(‘∀`) ‘`,、
次回は晴天の桜トンネルを是非見てみたいものです。

場所:京都府八幡市八幡在応寺地先
アクセス:八幡市駅下車 北へ徒歩約10分

気に入っていただけたらポチッ回どれかに押して頂けたら幸いです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内ぶらり旅へ にほんブログ村 旅行ブログへ にほんブログ村 写真ブログへ にほんブログ村 写真ブログ 季節・四季写真へ にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
スポンサーリンク

シェアする

フォローする