接岨峡(レインボーブリッジ)・寸又峡(夢の吊り橋)散策ぶらり旅

スポンサーリンク

シェアする

夜行バスに乗って、静岡県の大井川散策に行ってきました。
数ある中から、接阻峡の奥大井湖上駅(レインボーブリッジ)と寸又峡の夢の吊り橋を選びました。

2014102601

スタートは沼津駅です。定刻時刻より20分早く着いた為、乗る予定だった電車の1本前に乗ることが出来ました。感激!!
だが、現地の天気予報が晴れから雨になっちゃった(´;ω;`)

大井川鐵道に乗って1時間と少し乗って、終点の千頭駅に到着。更に南アルプスあぷとラインに乗り換え、約1時間で今回の降りる駅奥大井湖上駅に到着しました。
早速、橋を渡ってレインボーブリッジを撮りに行きました。

天候はどうやら頑張ってくれました。ただ、期待していた水の色は濁っていて少し残念。
この後は1時間半待機してバスに乗る予定でしたが、ふたたびアプトラインに乗車して寸又峡への分岐点奥泉駅へ行きました。

ここで、最初の計画と合流予定。
と思いきや、同じ時間でバス連絡してると思ったら、待たずに先に行ってしまいました。急遽変更して先に戻って待ってて良かった。(・・;)

ということはですね。
朝の時点で一本早いのに乗れて無かったら寸又峡行けなかったということです。
更に言うと、一番最初のルートは始発に乗って新幹線で行く予定でしたが、これも行けないという結果となりました。ある意味奇跡です。

寸又峡では、寸又峡プロムナードコースというのがあるので利用しました。
夢の吊橋、尾崎坂展望台、飛龍橋を歩き、最初のスタート地点へと到着しました。
到着すると同時に天候が悪くなり始め雨が降り始めました。
この後、温泉へ行って、昼ごはんを食べようかと思いましたが、ちょうどバスも来てくれたし早めに帰ることにしました。それにこれを逃すと2時間待ちはやはり辛いです。

帰りは、偶然なのか時刻を見るとSLに乗れるではありませんか。800円払って乗らせて頂きました。汽笛いいですね。

追加で、最近Google+に写真をアップすると自動でストーリーを作ってもらうことにはまっています。今回は、ストーリー作ってもらうようにGPS有りにして、乗った駅、降りた駅を細かくiPhoneで記録に残しました。無事作ってくれるかな?((o(´∀`)o))ワクワク