3年ほど前から行きたかった滋賀県のびわこ箱館山ゆり園へ散策ぶらり旅

スポンサーリンク

1ヶ月ぶりに散策

梅雨入りやら、会社イベント、遊びとかで休みが崩れて本日約1ヶ月ぶりの散策ぶらり旅に出かけました。
場所は、3年ほど前から行きたかった滋賀県のびわこ箱館山ゆり園へ行くことにしました。
開花状況も一部は早咲見頃、中咲き始めということで天候もいいみたいです。

ゆり園といえば、大阪の舞洲にもゆり園があります。今年は行っていないので2015年版はこちらを御覧ください。

2015年大阪舞洲ゆり園散策ぶらり旅
今年で開催3年目になる大阪舞洲のゆり園。今年は50万輪増加しているみたいで、合計250万輪のゆり園を見ることが出来るみたいです。 例年より1週間早い開花であることから、ゆりの咲き具合・天候と相談する...

びわこ箱館山ゆり園

冬はスキーで知られるびわこ箱館山に夏季限定で開園するゆり園。標高627mのゴンドラ山頂に、約5万400平方mの敷地が広がる。約50種類、球根35万球が植えられ、約250万輪の色とりどりのゆりが咲き誇る。2011年に新設された木かげの中でゆりや景色を楽しめる林間コースや、大好評のペアリフトでの空中散歩が楽しむことが出来ます。

さて、本題に入りまして、1ヶ月ぶりの散策撮影で結構腕の感覚を忘れてしまった感じで撮影開始です。
園内では天空ゆりトレイン側とゆりリフト側に分かれているのですが、まずは、天空ゆりトレイン側へ行きました。ここでは園内の道のりをゆりトレインがゆっくり走るということでゆりトレインを撮っていました。
天候は晴れの予報でしたが、前日の雨で現地は山の上で完全に晴れてはなく雲で真っ白な状態でした。天候を気にしながらもしばらく写真撮っているとまさかの雲が去っていって晴れてきました。さらに、水滴がゆりに付いていて、太陽の光に反射していい感じでした。

続いて、ゆりリフト側へ移動しました。リフトからは色とりどりのゆりの花を、空中散歩しているかのように鑑賞することが出来ます。また、標高680mからの見晴台からはびわ湖を背景にゆりを撮ることが出来ます。雲はあるものの晴れでびわ湖を背景にゆりを撮ることが出来ました。トレイン側を行く前に、先にリフトに乗ってたら見ることが出来ませんでした。

最後に

今回のGPSロガーは以下を御覧ください。

1ヶ月ぶりの撮影ということで、1ヶ月ぶりにカメラを持った感触はというと重たかったです。撮影枚数は300枚を超えていました。

コメント

  1. […] 3年ほど前から行きたかった滋賀県のびわこ箱館山ゆり園へ散策ぶらり旅1ヶ月ぶりに散策 梅雨入りやら、会社イベント、遊びとかで休みが崩れて本日約1ヶ月ぶりの散策ぶらり旅に出かけました。 場所は、3年ほど前から行きたかった滋賀県のびわこ箱館山ゆり園へ行くことにしました。 … […]