JR大阪駅北の「うめきた」に2016年秋オープンしたうめきたガーデンへ散策ぶらり旅

今年の2016年秋に、国内最後の一等地、JR大阪駅北の「うめきた」に花と緑があふれる庭園「うめきたガーデン」が誕生しました。

うめきたガーデン

このうめきたガーデンは、JR大阪駅北側、グランフロント大阪や梅田スカイビルの間に広がる約7500平方メートルの敷地に花と緑があふれる庭園が誕生。国内外で活躍する庭園デザイナ、石原和幸氏が手がける2つの庭や10万株の花畑、植物の壁で囲まれた小径など、さまざまな花と緑が楽しめます。このガーデンは2017年3月20日までの期間限定で開催されています。

10万株の花畑

入口を入るとまずは、10万株の花畑があります。色とりどりの花が一面に咲き誇る景色は圧巻。花にあふれる大阪、梅田を見ることができるのはうめきたガーデンだけです。

花咲く丸太小屋とガレージガーデン

屋根の上に色とりどりの花が咲く可愛い丸太小屋が、うめきたガーデンの中心センターガーデンに登場します。また、ガレージガーデンは石原和幸氏が華道の精神を庭造りにアレンジし、苔や自然石を多用した、立体的で繊細な庭。2016年英国チェルシーフラワーショーでゴールドメダル・最高賞を受賞した千里千庭ガレージガーデンをうめきた仕様で再現しています。

メインガーデン

メインガーデナー石原和幸氏が手がける幅30mの巨大な庭園。多種多様な植物の中を2本の滝が流れ、都会の真ん中にいることを忘れてしまう景色が目の前に広がります。「未来の大阪」が緑であふれるようにという、石原氏の願いが込められています。

みどりの小径

植物を植えた、緑の壁が小道を形作ります。都会にいながら、森の中を歩いているような気分を味わえる空間です。

住所:大阪市北区大深町知内、JR大阪駅北側、グランフロント大阪横
アクセス:JR大阪駅、阪急うめだ駅から徒歩約3分