Nikon D5600で4年ぶりに約60種約1万株のあじさいを撮りに矢田寺へ散策ぶらり旅

スポンサーリンク

今日はどこを旅しよう!前回の撮影より2週間ぶりに散策ぶらり旅をしてきました。
今回は、以前に行ったことが矢田寺(あじさい寺)へあじさいを見に行ってきました。
前回の矢田寺は、4年前の6月16日に大学の連れと行ってことがあります。その時のカメラは2世代前のSONY NEX3Nを使っておりました。

以前の記事はこちらからご覧ください。

矢田寺・生駒スカイライン・信貴山朝護孫子寺ぶらり旅
いつも出かけてる撮影仲間と矢田寺、生駒スカイライン、信貴山朝護孫子寺へドライブに行ってきました。 矢田寺では、アジサイ。 生駒スカイラインでは、景色。 信貴山朝護孫子寺では、世界一福寅。 ...

矢田寺(金剛山寺)は開基当時、僧坊48を数える大寺でした。現在は、矢田寺北僧坊・矢田寺大門坊・矢田寺念佛院・矢田寺南僧坊の4つの僧坊で通称を矢田寺といいます。
別称あじさい寺といい、6月から7月のシーズンを迎えると境内には約60種約1万株のアジサイが、山の斜面を埋め尽くします。平安時代初期に本尊となった地蔵菩薩は「矢田のお地蔵さん」として有名です。広い境内には本堂、開山堂などが立ち並び、本尊の木造地蔵菩薩立像をはじめ、数多くの重要文化財が収蔵されています。境内各所に石像が祀られており、中でも自家製の味噌を口元に塗ると味が良くなるとされる「味噌なめ地蔵」(鎌倉時代後期)は名高いです。

スポット名:矢田寺
場所:奈良県大和郡山市矢田町3549
アクセス:近鉄郡山駅→奈良交通バス約20分矢田寺前下車徒歩約10分