OLYMPUS AIR A01を使って「京田辺市の酬恩庵一休寺」へ散策ぶらり旅

本日は、Twitter仲間のツイート紹介を参考に京田辺市にある酬恩庵一休寺へ行ってきました。
酬恩庵一休寺内には二十世紀の森があり、そこにはたくさんのお地蔵さんがいて、その中でも芸人バナナマンの日村さんに似たお地蔵さんがいるみたいで、これは是非見なければと思い行ってきました。
本来の由来は別にありますが、今回はお地蔵さんがメインです。

そして、今回は昨年の12月に買ったサブカメラ「OLYMPUS AIR A01」の試し撮りをして見ようと思います。
サブカメラのOLYMPUS AIR A01は以前箕面の滝で数枚ちょこっと撮っただけで、それ以降未使用のままだったので、今回サブカメラをメインに撮ってみようと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

メインとしての記念すべき一枚目の写真です。iPhoneからの操作なので少し難しいですね。

参道を通って拝観受付でお金を払ってまずは、方丈庭園へ行きました。水平にするのが難しいです。平日で早い時間だったのかお客さんは誰もいなく一人使い放題でした(笑)

方丈庭園の後は本堂へ行き少年時の少年一休像「一休さん」を見に行きました。手に箒を持って掃除していますね。

さてさて、本日メインの二十世紀の森へ行きましたが、お地蔵さんだらけですね。パシャパシャ撮りまくりました。バナナマンの日村さん似のお地蔵さんの他に、ザブングルの加藤さん似のお地蔵さんもいたり(笑)
1時間半ほど散策して撮った枚数は115枚で終わりました。
帰りは、近鉄、京阪での乗り換えが面倒くさいので、バスに乗って直行で帰りました。

OLYMPUS AIRを使っての感想
1.iPhoneからのWi-Fi通信での撮影なのでたまに遅れがあったり、通信切断されたりして、いつもの調子で撮るとちょっと混乱しました。
2.iPhone操作なのでバッテリーも結構無くなりますね。
3.動いてる物での撮影は難しいです。
4.風景向き
5.メインカメラはSONYのα6000で、サブカメラはOLYMPUS AIR A01。
ぐらいですね。