今年2回目の群馬県へ「白根山の湯釜」と「吹割の滝」を見れるか。1泊2日の散策ぶらり旅-1日目

まず初めに。今回の記事は、1日目、2日目共に前日までの流れを書いております。

先月9月は近場の散策で旅という旅をしていなく、久しぶりの有休休暇を取得して1泊2日でどこへ行こうかと計画は9月中頃から立て始めました。
どこへ行こうかなとヤフーサイトでニュースを見ながらネットサーフィンをしていると、草津白根山の湯釜の記事をたまたま見つけました。

白根山の湯釜と言えば、草津温泉。
草津温泉と言えば、群馬ということで、今年2回目となります。
前回、長野と群馬に行った時の本来の計画では、湯釜と他に吹割の滝に行く予定でしたが、どちらも季節的交通規制、白根山は噴火警戒レベルでずっと立ち入り禁止だったため見ることができず、いつか行きたいなと思っていた場所です。

そんな草津白根山の湯釜が、気象庁は6月に2014年6月から続く噴火警戒レベルを2から1に引き下げ、立ち入り禁止区域も半径1キロから500メートル以内になり再び湯釜が観れるようになりました。

これはいい情報を得まして、白根山の湯釜は11月から吹割の滝は12月からそれぞれ冬季閉鎖となるため、草津白根山の湯釜と吹割の滝へ行くことに決めました。

当日までの流れ

当日の天候のことを考えて草津白根山、吹割の滝どちらも途中の高崎市が分岐点ということで、切符を高崎市までで、その先は追加料金にして、宿泊場所を高崎市で予約をしました。まさか年に2回高崎に行くとは思っておりませんでした。
出発10日前になり、天気予報が発表されてまさかの白根山は雨、吹割の滝は曇りの予報です。
前回、北海道へ行った時もこんな感じで、数日後には晴れと変わり最終的には雨になったと言う悔しい結果になった記憶があります。
次の日、改めて見てみると、2日とも晴れに変わっており少しテンションが上がりましたが、翌日見てみると1日目が白根山側が雨に戻っておりました。
色々調べていると白根山のライブ画像がサイトで公開されていることを知り、当日霧で見れなかったら意味がないので、最終的には出発当日にどっちに行くのかあるいは2日両方同じ場所に行くかを決めるということで計画は終了しました。
この時点では、1日目、2日目両方どちらへ行くかは決まっていません。

出発3日前。1日目は吹割の滝?2日は湯釜?どっち

1日目の天候が一気に悪化し、どちらも降水確率100%の予報。白根山は完全に霧で周りは見えないでしょう。吹割の滝は、水の量が増え爆流を見ることができそうですが、風景的にはあまりよろしくない。2日目の天候はどちらも晴れの予報だそうで、今の時点では1日目に吹割の滝、2日目に白根山の湯釜になるだろう。ただ、気温差で霧が残ってそうな予感。
天気予報は見れば見るほど悪化しているので、段々と行く気が無くなってしまい、後日改めて行くっていう考えもあります。
ここで、なんとなく数日後の12星座占いが書いているYahoo占いで、7日と8日の総合運を見てみると。

7日の総合運 87点
珍しい出来事が起こりそうな日。
珍しい出来事が起こりそうな日。とまどうかもしれませんが、あなたにとって決してマイナスにはなりません。ですから何が起きようとも、すべてポジティブにとらえましょう。

8日の総合運 74点
胸がときめくようなものを見つけられそう。
好奇心に導かれ、胸がときめくようなものを見つけられそうです。出かけてみたいと思った場所があったり誰かに誘われたりしたら、ぜひ足を運んでみてください。今日中の外出が難しい場合は、計画を立てるだけでもOKです。

ちなみに、9日の総合運は。
対処法を聞いてしまうのがベスト
不安を感じることがありそうです。たとえば、これまでのパターンと違うものが現れる、何か材料が足りなくてそれを指摘されるのではないか、といったことです。
っと7日8日は良いことが書いて9日はそこまでいいことは書いていませんでした。

そんな感じで、天気予報とにらめっこしながら前日となりました。最初の予報では悪かったけど、少しだけマシになりました。ただ、見れなかったらどうしよう、交通費の事を考えると少しだけ行く気が無くなってきていましたが、行かずして後悔するより、実行して後悔の方がまだいいということで、ルートとしては、1日目に吹割の滝、2日目に白根山の湯釜で確定しました。

スポンサーリンク

1日目・吹割の滝

当日、いつもの時間に起きて天気予報を見てみると、前日と比べて更に回復していました。
地元は、小雨ですが別にどうでもいいです。傘は駅まで必要でその先は邪魔なので自転車に置いて行きました。
名古屋では晴れ、東京では雨上がり、高崎では曇りで微かに太陽が頑張って顔を出そうとしてる感じでした。
高崎から今日の目的地まで更に電車、バスに乗って13時半過ぎに目的地の吹割の滝に到着しました。
流石に片道7時間かけての移動は疲れました。

吹割の滝とは、吹割渓谷にあり老神温泉の北約3km、片品川の中流域にかかる幅約30m、高さ約7mの名瀑。V字型に浸食された岩の割れ目に、川の水が吸い込まれるように流れ落ちている。水しぶきを上げてごうごうと落下するさまは壮観だ。東洋のナイアガラともよばれ、国の天然記念物に指定されています。春の新緑、秋の紅葉など四季の織りなす景観美が見事。

>> 吹割の滝の観光スポット&口コミ・アクセスはこちらをクリック <<

吹割の滝は雨でもいいと思っていたけど、石の上を歩くことから滑りそうで危険であることを現場を見て思いました。吹割の滝では一周できるルートになってるみたいですが、時間もあれなので途中の浮島で引き返しました。
白糸のように滝を撮る撮り方を忘れてしまい難儀しましたが、ネットで調べて無事撮ることができました。
今回は追加で以前購入したドローンで撮りたかったけれど、客が多く、あまり練習しておらず失敗したら5万円が一瞬にして無くなるためやめておくことにしました。
吹割の滝では約1時間ほど滞在して高崎へと戻りました。

高崎に戻ってきて、まずはチェックイン。前回と同じ東横インだった。チェックインに必要な会員カードを忘れてしまい一般料金5400円になってしまった。大きめの禁煙部屋にしときますね。と言われ、まさかのダブルス。ゆったりさせていただきました。最終的にはポイントは後日付けてくれるみたいですね。

晩ご飯はラーメンをいただきました。まさかのここも同じ場所でした。以前頼んであろうラーメン以外のをいただきました。チャーシューでか過ぎて食べにくい…。
晩ご飯のあとは、部屋でミスドのドーナツをいただきながらゆったりと過ごし1日が終わりました。

今回のスポット

スポット名:吹割の滝
場所:群馬県沼田市追貝
アクセス:JR沼田駅→関越交通バス鎌田・戸倉・大清水方面行きで38分、バス停:吹割の滝下車、徒歩10分((夜間通行止め、12~3月は遊歩道冬期閉鎖、要確認)

吹割の滝の他に水上・猿ヶ京・沼田周辺の観光スポット&口コミはこちらをクリック。

2日目の記事はこちらから御覧ください。

今年2回目の群馬県へ「白根山の湯釜」と「吹割の滝」を見れるか。1泊2日の散策ぶらり旅-2日目
まず初めに。今回の記事は、1日目、2日目共に前日までの流れを書いております。 先月9月は近場の散策で旅という旅をしていなく、久しぶりの有休休暇を取得して1泊2日でどこへ行こうかと計画は9月中頃か...